GREETING

〈代表挨拶〉
宮崎 エープロジェクト 藤原和

 
 

今の時代、危ないと思われるものはどんどん排除され、安全に安全にと、公園などは芝生と小さな滑り台だけの様な世の中になってきました。
 
本来、子供の時期に様々な遊びを経て、多くの経験をし大人になっていきます。
運動面で例えますと、発育発達過程により、しっかりとした体の根っこがが出来上がり、走って動ける様になってからは、山や川、海などの自然の中で走る、よじ登る、回る、滑る、泳ぐ等などの体験を。公園では、滑り台の滑り降りる感覚や、ブランコによる重力、遠心力など楽しみながら自然と鍛えられる環境がありました。そこで小さな怪我や小さな危険に遭遇することにより、大きな怪我、大きな危険の回避が出来る様になっていきます。また近所の友達と鬼ごっこや野球など、集団でのルールもここで学びました。
そして現代。世の中はコンクリートに舗装され、唯一いっぱい遊べる公園でも遊具が無くなり、遊びというとゲーム機で・・・。とカラダが成長する環境が失われつつあります。 4歳頃から8歳頃までプレゴールデンエイジと呼ばれ、人間の神経系の発達がピークとなる大切な時期です。この時期に様々な経験・多くの感覚の習得などが必要です。
 
また、生まれながら障がいを持ちながら成長している子供達も多くいます。
「子供がストレス発散できる時間や場所がない」「動くことは大好きだけど、スポーツ少年団などの集団生活にはなじめない」 など障がいを抱えている事により運動する場所や時間が無いという現状があります。
運動は体を鍛えるだけではありません。 多くの成功体験を経験できる運動は、自己肯定感の向上にも繋がり、その自信が勉強へや人間関係にも繋がっていきます。 また視覚能力の向上も見込まれ、姿勢改善、空間認知能力や本の読み書き、板書にも繋がります。
他、チームとなり友達と協力する、応援するなどのコミュニケーション能力の向上。
そして運動をする事によより、人間(子供)本来の生活リズムの改善にも効果があります。
 
健常児にも障がいを持った子供達にも運動の大切さが必要だと感じている所です。
 
私自身、これまでの人生で、スポーツによって様々な経験と体験・人との出会いなど多くの財産を頂きました。 「スポーツランドみやざき」と呼ばれるこの地から発信できる事は沢山あると思っております。
 
スポーツによって人生は変わる。
 
全ての子供達に対し、運動(スポーツ)を 通して成長のサポートし、社会に貢献していきたいと考えております。
 
 
a-project株式会社 代表取締役 藤原和将